万事が面倒

mendou.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ナ・バ・テア

ナ・バ・テア
森 博嗣 / 中央公論新社
スコア選択: ★★★

 戦闘機乗りのおはなし。日本人達が何処かと戦っていることは分かるのだけど、敵側や背景の説明が一切無し。レシプロ機が活躍してるあたりを見るに第二次世界大戦の頃をモチーフにしたらしい。実際には開発が間に合わなかった戦闘機が実戦投入されてるから史実の日本より悪あがきしてるのか国力が上なのか。そんな下らない事を考えるのも楽しい。
 戦争モノなのに全然暑苦しくなくて、妙に爽やかな小説。ラスト2ページにはやられた。
[PR]
by jingi20 | 2004-09-30 22:40 |

蜘蛛男

蜘蛛男
江戸川 乱歩 / 東京創元社
スコア選択: ★★

ミステリを読むからには騙されたい。「やられた!」「そうきたか!」と唸りたい。殺人鬼vs犯罪学者。途中で犯人が分かったりしなければ良かったんだけどなぁ。日本ミステリの古典だから仕方ないかもしれないのだけど。
[PR]
by jingi20 | 2004-09-29 22:46 |

駄目だったか

スト代替試合実施せず
最後までロッテと日ハムで3位争いをしてたんだけど、
スト代替試合をやらないことが決まり、日ハムが3位に決定してプレーオフ進出。
ひょっとしてひょっとするんじゃないか、と淡い期待を抱いていたけどロッテはロッテでした。
来年は、まだ大丈夫みたいだけど再来年は千葉にあるかどうかも怪しいから頑張って欲しいんだけど・・・。

9/26攻城戦SS
動画とると後でノンビリSSが撮れて便利、
と思ったけど動画で見れるのにワザワザSS撮る必要ないぢゃないか。
wisでクローク状態が解除されるなんて聞いてないよ!
#良く考えてみればガードフード外したからクローク状態解除されたんだね、トホホ
[PR]
by jingi20 | 2004-09-28 00:34

レキシントンの幽霊
村上 春樹 / 文芸春秋
スコア選択: ★★★

ちょっと怖い、ちょっと不思議な話の短編集。決してつまらなくは無いんだけれども何処が面白いのかよく分からない。物語の途中で終わるというか、始まってすらいないというか。うーん、なんなんだろうなぁ。

#更新してないの訪問者数が変わらないとちょっと罪悪感を感じるぜ フゥハハハーハァー
[PR]
by jingi20 | 2004-09-25 23:01

最近はゲーム買ってないな

ニンテンドーDS
随分と価格抑えてきたなぁ。でも米国の方が発売が早くてションボリ

新型PS2
薄い薄すぎる。PS2持ってるけどこれは欲しい・・・!

にゃー にゃー にゃー
[PR]
by jingi20 | 2004-09-21 23:32

\ノ'∀ン_-=≡ヒャッホウ!

9/19攻城戦SS
薔薇vsラーぺん  セレvsアルフォンスとか
ホント 攻城戦は地獄だぜ!フゥハハハーハァー

天使狩り戦績
× × × イグ葉 × × × × × ×
× × ×
[PR]
by jingi20 | 2004-09-19 22:56

回転木馬のデッド・ヒート

回転木馬のデッド・ヒート
村上 春樹 / 講談社
スコア選択: ★★★

伊坂幸太郎は村上春樹に似ている、そんな事を書いてる人が何人も居たので村上春樹も読んでみた。著者の体験やその知人の話を纏めた短編集で特にスリルやらサスペンスは無い。けれど不思議と読んでいて退屈するようなことはなかった。読後感も悪くない。伊坂幸太郎と似てるかは、まだよくわからない。

More
[PR]
by jingi20 | 2004-09-18 03:16 |

メロンパン

航空写真(2.65M)
昭和49年に撮影したもの。左下の方にあるのが小学校なんだけど周辺が見事に水田と林ばかり。撮影時期が古すぎて実家も無かった・・・!

ひとりDEオフ会
俺だよ俺おれおれ

○○ブログ
半年前から今もなお続く、挑戦の軌跡。
[PR]
by jingi20 | 2004-09-17 02:45

ビートのディシプリン ソウルドロップの幽体研究

ビートのディシプリン SIDE3 (3)
上遠野 浩平 / メディアワークス
スコア選択: ★★★

相変わらず安定。段々と役者が揃ってきて、いよいよ佳境な雰囲気。今後が楽しみだ。それにしても刊行ペースの遅いシリーズモノは読み手に優しくないな(笑)

ソウルドロップの幽体研究
上遠野 浩平 / 祥伝社
スコア選択: ★

面白さ「しずるさん」級!!
[PR]
by jingi20 | 2004-09-15 14:47 |

孤島の鬼

孤島の鬼
江戸川 乱歩 / 東京創元社
スコア選択: ★★★★

 密室状態で恋人が殺され素人探偵に調査を依頼して・・・。普通の推理モノかと思いきや全く違った。段々と陰鬱な雰囲気になってきて恐怖を誘う。特に隔離された場所で育てられた双生児の片割れが書いた手記「人外境便り」がたまらん。キタキタキタ-!(AA略)てな感じでページをめくってたね。途中から主人公と行動を共にする親友兼探偵役の諸戸は良い奴なんだけど同性愛者。なんだか腐女子さん方が喜びそうだ。あと挿絵が随分多かった。大小合わせて50枚以上はあったんじゃないか。執筆されて75年。今まで残ってきたのは伊達じゃない。
[PR]
by jingi20 | 2004-09-13 23:08 |