万事が面倒

mendou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本( 196 )

ルー=ガルー ― 忌避すべき狼

ルー=ガルー ― 忌避すべき狼
京極 夏彦 / 徳間書店
スコア選択: ★★★★

京極作品はいくつか読んできたけど、これが一番面白くて読み易かった。 近未来を舞台にしたSFでライトノベルなノリで話が進む。「ルー=ガルー」といい「百器徒然袋―雨」といい、どうも京極堂の出てこない話の方が俺の好みに合うようだ。
[PR]
by jingi20 | 2004-07-21 23:46 |

ドナルド・キーン

「明治天皇(上)」「明治天皇(下)」
読み終えるのにえらい時間がかかった。
序盤が退屈で1ページが重い重い。

これから「狂骨の夢」を読み進めるであります、サー
[PR]
by jingi20 | 2004-07-05 23:52 |

京極夏彦

「姑獲鳥の夏」 「今昔続百鬼」 「百器徒然袋」
とりあえず三冊ほど読み終えた。
つまらないって訳でもないけど「おもしれぇ!」って訳でもなかった。
京極堂や多々良先生の妖怪云々の話が退屈に感じる俺には合わないのかもしれん。

それとも期待しすぎてただけなのかなぁ
[PR]
by jingi20 | 2004-06-23 23:28 |

ブック

「双頭の悪魔」有栖川有栖
星降り山荘の殺人が意外にも面白かったので、また本格ミステリと言われるジャンルに手を出してみた。主人公達は山奥の集落に行き、そこで殺人事件がおきて自然災害で集落自体が密室になって犯人探し・・・と言った感じなんだけど、読んでて疲れる!
この本にも途中に何度か「読者への挑戦」があって、その度に読み返して誰が犯人なのか考えて、また読み返して。たまに読む分にはいいけど、しょっちゅう読むもんじゃないなぁ。

あと主人公と作者の名前が同じってのが、なんか嫌だった。
[PR]
by jingi20 | 2004-06-17 23:26 |

うんにょー

この本に出てくる艦長がやたら「うんにょー」「うんにょー」言うんですよ。
鹿児島弁らしいんだけど、google先生に聞いてみても、どうも分からない。

うんにょー、誰か意味知らない?
[PR]
by jingi20 | 2004-06-09 23:58 |

むきー

星降り山荘の殺人
雪に閉ざされた山荘。ある夜(中略)果たして犯人は誰なのか!?あくまでもフェアに、読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。
と見るからにつまらそうな紹介文だったけど最近お気に入りの倉知淳だったので読んでみた。読者に真っ向勝負なんて書いてあるだけあって
「まず本編の主人公が登場する 主人公は語り手でありいわばワトソン役 
つまり全ての情報を読者と共有する立場であり 事件の犯人ではありえない」

ヒントのような文章が場面が変わるごとに書いてあり、読者を挑発してくる。
そこまで書かれたら、こっちもその気になるってもんで途中途中で読み返しながらページを進める。
んで犯人当ての場面に入る。自分なりに考えて目星つけてたんだけど騙された。綺麗に騙された。
本、投げました。
[PR]
by jingi20 | 2004-06-07 23:46 |