万事が面倒

mendou.exblog.jp
ブログトップ

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
塩野 七生 / / 新潮社
スコア選択: ★★★★

今度はビザンティンの最後に焦点を当てた一冊。歴史資料というか大分味付けされた小説だけど、面白いから許す。てかコンスタンティノープルってイスタンブールだったのね。知らんかった。

ロードス島攻防記 (新潮文庫)
塩野 七生 / / 新潮社
スコア選択: ★★★★

ロードス島って実在する島だったのか。当然こっちのロードスにはエルフも魔法も無いけれど。エピローグでこの話の主役たる聖ヨハネ騎士団が、領土の無い国家として現在も存在するマルタ騎士団の前身だと分かった時には、なんか良質なミステリを読んだ時に似た快感があった。結局は聖ヨハネ騎士団も同時期に誕生した他の騎士団と同じように解散・消滅して終わると思ってただけに驚き。

レパントの海戦 (新潮文庫)
塩野 七生 / / 新潮社
スコア選択: ★★★

前の二作に比べると盛り上がりに欠ける感じ。そろそろ著者の代表作であるローマシリーズも読んでみたいが全30巻もあって尻込み気味。
[PR]
by jingi20 | 2008-07-06 02:48 |