万事が面倒

mendou.exblog.jp
ブログトップ

高炉の神様―宿老・田中熊吉伝 (文春文庫 さ 4-16)
佐木 隆三 / / 文藝春秋
スコア選択: ★★★

近代化真っ最中時の苦労話的なお話。どうでもいいけど、この中で登場するノイホイ君という言葉の語呂が気に入ったので、今後ゲームに使用する名前リストに追加。

ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書 1916)
君塚 直隆 / / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★

大英帝国黄金時代。この時代のイギリスはホント半端ない。近代に入ってからのイギリスは完全な立憲君主になってると勝手に思い込んでただけに、時の政権と仲違いしたり外交に深く関わる女王の様子はなかなか新鮮だった。
[PR]
by jingi20 | 2008-02-24 04:09 |