万事が面倒

mendou.exblog.jp
ブログトップ

最近の電子書籍2016 端末編

■個人的閲覧環境
  • BooxT68ML
小説用端末。主にカバンのなかに入れて持ち歩いているのはこれ。6.8インチ・物理ボタン・フロントライトという利点は、端末の重さやAndroidバージョンの古さReaderStoreアプリとの相性の悪さといった弱点を上回る。Android4.4のプレリリース版を試そうとした時もあったが書籍の再ダウンロードが面倒なのと予備機が手軽に入手出来なくなったせいで実行に移せていない。

  • Xperia Z3 tablet compact
漫画・小説・動画用端末。軽量・防水・8インチのお陰で場所を選ばず活躍出来るすごいやつ。Chuwi Hi12購入後、自宅での活用シーンは風呂場に限定されつつある。難点はPRS-T3やXperia Z Ultra同様に後継機を望めないところ。

デカくて重い漫画用端末。購入したのはごく最近ながら自宅での漫画閲覧はこの端末がメインになりつつあある。大きいことは良いことだ。

  • PSR-T3
小説用端末。文字読み用途ならまだまだ現役。フロントライトが無いので光源の安定した場所、もっぱら自宅用。外ではBooxT68MLを使い、充電中にPRS-T3を使うといった感じ。

  • kobo aura ONE
小説用端末。現状では唯一無二の7.8インチ電子ペーパー端末であり、ハードとしては気にっているがメインストアではないので起動機会は少ない。

  • Kindle Paperwhite2012
使う事はほぼ無い。端末の更新機会を伺っているうちに随分と時間が経ってしまった。Kindleストアを利用する時はXperia Z3 tablet compactの出番になる事が殆ど。メインストアではないので優先度は低くなりがちが、そろそろ端末の更新をしたいと思ってはいる。

  • スマートフォン(Xperia Z3/BlackBerry Priv)
所有端末のディスプレイサイズ(5.2インチと5.4インチ)で読むには漫画はもちろん小説も物足りなく感じしてしまうため、これらで読む事は滅多にない。最低でも文庫本サイズは欲しくなってしまうので、これもまた紙に囚われたオールドタイプのひとつと言えるのかもしれない。関係ないけど縦スクロールのコミックも未だに馴染めない。

  • WindowsPC(24インチモニタ)
サイズが大きい分、漫画の閲覧には悪くないがゴロ寝読書が出来ないのは大きなデメリット。データ削除が前提のKindle Unlimitedで漫画を読む時はこちらで済ましてしまうことが多い。


■各社の電子書籍端末雑感
  • amazon
今更SDカードに対応してくれとは言わないのでPaperWhite以外でも32GBモデルを用意して欲しいところ。そろそろ6インチ以外の端末を用意してくれてもバチは当たらないと思うのですがどうですか。

  • kobo
kobo aura ONEは良い端末だと思っているが正直防水よりSDカード対応を優先してほしかった。継続的に端末を出してくれるだけでも有り難いという面はある。

  • Onyx
電子ペーパー贔屓の非Kindle/koboユーザーにとっては希望の光。まめに新端末を出し続けてくれるのは嬉しいが、そろそろAndroid4.4以上の端末が欲しい。そういえばBooxMaxのハイスペック版はどうなっているのだろう。

  • SONY
出してないので語りようもない…が、Kindle OasisにSDカードスロットが付いたら「ぼくのかんがえたさいきょうPRS-T4」だった。First flightでもなんでも使ってクラウドファンディングという建前の受注生産で電子書籍用電子ペーパー端末出して欲しい。物理ボタン・SDカード対応・フロントライト・300ppi電子ペーパーを備えて3万円なら即注文するし、4万円にしても文句言いながら注文する。5万円でも罵詈雑言を浴びせながら注文する。



[PR]
by jingi20 | 2016-12-16 12:59